KODA委員が集まった日。

祭りを彩るものとは


 

 

 

お昼の人にはこんにちは夜の人にはこんばんは

お初にお目にかかります、美化装飾パート2年生委員の吉岡菜穂です。

 

 

この間の日曜日、そう、

世間で言うGW最終日の5月8日日曜日、

 

 

初めてのKODA委員全員での作業、装飾全タス行われました!

 

あぁぁぁぁぁぁぁ初全タスの記事を書かせていただけるなんて……!!!

ほんっとうに光栄です……!!!(プレッシャー…)

 

 

 

貴重なGW最終日だったのにも関わらず、朝10時から始まった作業は夜18時頃まで続き、その甲斐あって祭りを彩る装飾物がたくさん完成しました。

 

装飾物って”祭”っていう感じが出ていいですよね。

 

普段は意外と他のパートと関わることはありませんが、全タスではパート関係なく作業するので、いつもとは違った楽しみがあったことと思います。

 

 

 

 

他パートとおしゃべりをしながら作業を進めたり

 

 

真剣に塗り進めたり…

 

ちなみになんとこの垂れ幕、7m×9mですよ!KODAIRA祭の全装飾物の中で最大!!

 

 

画用紙やカラーセロハンを使ってステンドグラス風の窓装飾だって作ります

 

 

 

ステージの袖に設置する看板や階段の装飾など、本当に様々な装飾物を作ったので、全貌はKODAIRA祭当日にぜひ!!ぜひぜひご確認くださいね!

 

 

 それでは。

 

KODAIRA祭まであと25

 

この投稿をシェアする