究極の紅茶を求めて・・・

英国紳士の嗜み


どもども皆さん、お久しぶりです。チェ氏です。

最近暑いですよね~。こんな時は紅茶でも飲んで喉を潤したい・・・なんて思いませんか?

 

あ!そうそう!紅茶といえば(かなりの強引さ)、一橋の紅茶好きが集まるサークル、Brit.Culture Clubをご存じですか?

 

Brit.Culture Clubは今年の二月に活動を開始したサークルで、紅茶好き、イギリス文化好きが集まって、紅茶の淹れ方やイギリス文化について語り合うという活動をしているそうです。

高尚だなぁ(小並感)。

 

そんなBrit.Culture Clubは今回初参加のKODAIRA祭でHitotsubashi Tea Partyという喫茶店をやるそうです!

 

イギリスの心地いい音楽を聴きながら紅茶をたしなんで、暑い構内を歩き回って疲れた体を癒やす、

あぁ~聞いてるだけでもう行きたくなりますよねって、、、え?せっかくKODA祭に来て模擬店回らずに紅茶飲むなんてどうかしてるって?  いやいやあんたその考え正直、

 

甘すぎるってぇぇぇーーー!!!!!

 

例えるなら・・・う~んと、出てこんけどとにかく甘いっっ!!

副会長の井口さん(写真右)が聞いたらめちゃめちゃ怒りますよ!

井口さんは無類の紅茶好きで、紅茶の話となると取り憑かれたように話し出すんです!

そんな井口さんの語録、

 

「淹れ方によって紅茶は劇的においしくなる」

 

「ただ単に大学生が紅茶淹れた、そんなレベルじゃない、もっと本格的においしい紅茶を提供できる。」

 

「午後ティーは紅茶じゃない。」

 

などなど、、数々の名言が飛び出してましたw

見よ、苦笑いの会長柴田さん(写真中央右)を。

 

とにかく!Hitotsubashi Tea Partyはただの喫茶店ではない!!

自分は紅茶通だと思い上がっている君!

そして、紅茶飲めへんし、と紅茶と距離を置いているそこの君も!!

本物の紅茶がそこにはある!

KODAIRA祭を機に紅茶にドハマりしてみるのも悪くない!!

君たちの来場を、最高のお茶とともに待っている。(なんか最後の方芝居がかってんな・・・。)

 

何はともあれ、KODAIRA祭まであと、17日!!!!!

この投稿をシェアする